忍者ブログ

IBD(炎症性腸疾患)と留学

潰瘍性大腸炎やクローン病の人のための留学参考ブログ
2017
09,25

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009
12,10
2009年2月12日の記事「どんな薬を持って行こうか」の補足記事です。

外国に薬を持っていくときは、スーツケースと手荷物に分けましょう。

1.手荷物に入れるのは、1~2週間分の「錠剤系の飲み薬」。液体を持ち込むのはやっかいです。フライト中、注腸の薬はあきらめたほうがよいでしょう。どうしてもという場合は、お医者さんの診断書を見せられるようにしておき、薬局の人に英語で説明を書いてもらいましょう。

2.スーツケースに入れる分は、注腸、錠剤、エレンタール、どれも特に聞かれることはないと思います。心配でしたら、薬局の人に英語で説明を付けてもらいましょう。

手元に、自分の飲んでいる薬の種類を英語でメモしておきましょう。何か聞かれたらそれを見せればよいです。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
monakaさん
早速のお返事、またアドバイスありがとうございます!とても助かり、涙ものです・・・

もう少し聞きたいのですが(細かくなってスミマセン)、漢方や薬局から処方された薬については、英訳のものをつけたりすればどうにかなりそうですが、持ち込む量が多いことに関しては、どうなんでしょうか?ペンタサ等はおそらく2-3ヶ月分は持ち込む予定です。
漢方は、黒い粉状で一包づつに小分けされた状態ですが、何しろ粉なんでこれが一番怪しそうですよね・・・

もう一点は、漢方の注腸の器具。前回のメールでも書きましたが、注射器(20mmlのシリンジ)と専用のチューブが各20個位いあり、漢方の先生がどのような書類を用意してくれるかにもよりますが、化学系の仕事をしている主人が言うには、とても怪しい~とのこと。(汗)
これを‘浣腸‘としてとらえてくれるだろうか?と心配でたまりません。
主人は、仕事で使うものと称して会社の同僚へ航空便で‘サンプル‘として送ってみては?等、言ってくれていて、どうしても私には欠かせないものなので、心配ばかりがつのります・・・
あと、普通のペンタサ等は近所の処方薬局でもらっているのですが、こういうところじゃ英文訳なんてつけてもらえないですよね?専門の翻訳会社とかに出すべきかな?これも早く聞かなきゃだ~~

もう一方のブログで漢方(注腸)のドイツ語訳?つけてもらったのを見て、あ~ドイツ語も頑張らなきゃ↓・・・と、自分に迫った脅迫観念を思い出しました。ドイツ語って大学のとき、再履修したっけな~(泣)苦手なの~~!

monakaさんも、冷え込むこの頃です、体調管理に努めましょうね!また宜しくお願いします★
ともりん: 2009.12/11(Fri) 11:31 Edit
Re:無題
ともりんさん

ペンタサはPentasaで通じます。Wikipediaで潰瘍性大腸炎を検索し、ドイツ語のサイトに飛び、それをプリントアウトするだけでもじゅうぶんです。IBD疾患はドイツではそれほど珍しくないですし。
スーツケースに入れる薬については、量、種類ともにKein Problem!です。注射器やチューブも手荷物には入れないで下さいね。わざわざケースを開けて聞かれる可能性は皆無です。もし聞かれても、お尻に入れるジェスチャーをすれば、わかります。「あんなに心配したのに。」と思える位、あっけなく入国できると思いますよ。
2009/12/11(Fri) 19:55
無題
monakaさん
お返事遅くなりましたが、今回もありがとうございました!
Wikipediaからの引用という手ですか~!全然気づきませんでした。フランクフルト空港でスーツケース開けられる話をよく耳にしたもので、すごく心配になってしまったんですよ。特に、一番最初・最後に税関通過すると、捕まるって・・・
アドバイス通りの資料を用意してみます!ありがとうございます。

2月の引越し予定が、住居の都合で3月下旬に伸びることが決定したところなので、なんだか気が抜けてしまたところです。(主人は予定通り1月ですが)
まあ、少し寒さの峠を越えてからの渡独になるようなので、逆に良かったと思わねばなのですが、私の住む地域は雪国なので(汗)、真冬を男手無しで過ごすことの課題の方が大きくて、少し戸惑っています。 
また準備期間にいろいろ疑問湧いたら、質問させてください!宜しくお願いします~
ともりん: 2009.12/16(Wed) 08:19 Edit
Re:無題
どういたしまして。Wikiのページの説明はよくまとまっていたので、使えると思いますよ。スーツケースを開けられる件は、全く聞いたことがないのでびっくりしました。外国に行くといろいろ予期せぬことが起きるので、「案ずるより産むが易し」作戦で行ったほうがよいと思います。何とかなるものですよ~。3月のドイツはまだまだ寒いけど、2月に比べたらゆるむので、お腹にはそちらのほうがよいと思います。本当の春は5月位です。雪国での引越し作業、ほどほどに頑張ってくださいね。
2009/12/16(Wed) 11:42

trackback
この記事のトラックバックURL:

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/29 ともりん]
[06/27 ともりん]
[01/20 ともりん]
[01/17 ともりん]
[12/16 ともりん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
monaka
性別:
非公開
自己紹介:
UC14年目。留学が終わり、日本で新生活を始めました。

服用中のお薬
Azathioprin 75mg
Pentasa 3000mg
整腸剤
キュウキトウガイトウ
ビタミンD&カルシウム
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]