忍者ブログ

IBD(炎症性腸疾患)と留学

潰瘍性大腸炎やクローン病の人のための留学参考ブログ
2017
09,25

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009
02,28
厳密に言うと、留学準備というよりも留学始まってからの話になると思いますが。

IBDで特定疾患の医療券を持っていると、
毎年初夏に「更新のお知らせ」が届きますね。
更新するのかしないのか、日本で待つご家族と話合って下さい。

選択肢はふたつ。
1.更新のために、毎夏一時帰国する。
再燃して辛くなったら、日本に戻って治療可能です。飛行機に乗る体力が残っていればの話ですが。
現地で自費治療になることがわかっている人、現地のIBD治療に満足できない人向けです。

2.更新しない。留学が終わって日本に戻ってきたら、申請し直す。
留学終わるまで帰国しないぞという人、現地での治療に満足し、医療費が払える人向け。
完全帰国し、再申請の時点で寛解状態にあると、申請が認められない場合があります。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
祝!ブログ再開!
お久しぶりです。
IBD患者の留学に役立つ情報をまとめたブログを始められたのですね。このブログは、多くの人に非常に有益で助けとなると思います。ですので、monaka様の負担にならない程度に頑張って下さい。

てか、飛行機のチケットが高い夏の時期が特定疾患の更新時期って、嫌ですね〜。monaka様の場合は、[2]の選択肢を選んだんですよね?ちゃんと、申請認められましたか?
Renge: 2009.03/01(Sun) 15:30 Edit
Rengeさまへ
書き込みありがとうございます。おひさしぶりです。
役に立つ情報がどれ位あるかは未知数ですが、細く長く続けていけたらと思います。

夏に日本に帰国するのはいいことなしです。暑いしチケット代が高いし…。
比較的元気な時は、どこかの国を経由する安いチケットを探しました。でもしんどかった…。

再申請は認められました。幸い(?)再燃中で、内視鏡の時にもお医者さんが、
「組織検査に出す分は、特に悪そうな部位を選んでつまむね」と配慮して下さったせいもあるかと。
寛解中だったら、認められたかどうかはわかりませんです。
2009/03/01(Sun) 20:39

trackback
この記事のトラックバックURL:

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/29 ともりん]
[06/27 ともりん]
[01/20 ともりん]
[01/17 ともりん]
[12/16 ともりん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
monaka
性別:
非公開
自己紹介:
UC14年目。留学が終わり、日本で新生活を始めました。

服用中のお薬
Azathioprin 75mg
Pentasa 3000mg
整腸剤
キュウキトウガイトウ
ビタミンD&カルシウム
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]