忍者ブログ

IBD(炎症性腸疾患)と留学

潰瘍性大腸炎やクローン病の人のための留学参考ブログ
2017
09,25

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009
09,20
ブログを読んでいただいている方からの情報提供です。
○○さん、ありがとうございます。

AIUの留学保険(留学生のための旅行保険)に加入、ドイツ語の保険証明書を発行してもらい、外国人局にて提出。滞在許可申請がおりたそうです。

滞在タイプ:日本の大学に所属し、ドイツでは研究所に8ヶ月所属。留学ではない。
UC歴:
2008年1月にUCの診断。症状は3年前から。冬に調子が悪くなるタイプ。
AIUの保険内容および保険料:歯科治療オプションつき。女性の妊娠は対象外。持病のため、保障の制約が多い。8ヶ月で8~9万円。

滞在期間が比較的短い、大学で入学手続きをふまない、UCの薬を日本の家族が送ってくれる(医薬品の輸送は本来は禁止ですが、実際は、他の食品などと混ぜてしまえばバレません)、といった人には使える手かもしれませんが、AIUが持病の治療を保障してくれないのであれば、ドイツの私的保険と保険料はあまり変わりません。突発的にお医者さんにかかった場合の手間を考えると、まだ現地健康保険が微妙に有利という気はします。29歳以下でしたら、公的健康保険に無条件に入れ、持病の治療も保障されますので、断然現地の保険がお得です。

ドイツの健康保険には加入されていないとのこと。IBDが再燃してこじれたり、それ以外にも突発的に病院にかかることはあり得なくもないので、万が一そうなった際(ならない方がよいに決まっていますが)には、どんな手続きがあるか、ぜひご報告下さい。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
日本の留学保険
ドイツの健康保険に加入せず、留学保険で滞在許可を取得したものです。

当然の事ながら、持病のため留学保険の保障はかなり制限されます。しかし、AIUの留学保険の場合、歯科診療保障をオプションで追加できます。(私の調べた限りでは、歯科診療を保障できる保険を提供しているのはAIUの留学保険だけです。)おそらく、歯科保障は滞在許可申請に使うためには重要だと思います。また、女性の場合、もしもの妊娠の場合に留学保険では保障されないので、この方法は使えないかもしれません。

私は、2008年1月にUCだと診断されました。その3年くらい前から症状はあたのですが、夏場には調子が良かったので、医者には行かず誤魔化してました。2007年の冬に凄く調子が悪くなって、それで初めて病院で診療を受け、病気が発覚しました。

私の場合、病院に掛かる前も後も、毎年11月から3月の間は必ず調子が悪くなり、それ以外の季節は調子が良いです。

私は日本の大学に所属しており、ドイツへは研究と言う名目で、大学ではなく公的な研究所で8ヶ月間お世話になります。こちらの保険への加入は、研究所に相談窓口等は無く、各自が勝手入る事になっており、その方法がよく分からなかったのと、私的保険の場合保険料が高くなるために、日本で留学保険に加入してきました。もし、滞在許可申請に利用出来なかった場合は、留学保険を中途解約するつもりでした。ちなみに私が加入した保険料は、8ヶ月で8~9万円でした。
renge: 2009.09/20(Sun) 23:48 Edit
Re:日本の留学保険
追加情報ありがとうございます!記事の方にも追加しておきます。
2009/09/21(Mon) 12:47

trackback
この記事のトラックバックURL:

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/29 ともりん]
[06/27 ともりん]
[01/20 ともりん]
[01/17 ともりん]
[12/16 ともりん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
monaka
性別:
非公開
自己紹介:
UC14年目。留学が終わり、日本で新生活を始めました。

服用中のお薬
Azathioprin 75mg
Pentasa 3000mg
整腸剤
キュウキトウガイトウ
ビタミンD&カルシウム
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]